東南アジアからの輸入商品の包装改善・梱包改善事例

TOP > 輸送包装実績 > 東南アジアからの輸入商品の包装改善・梱包改善事例

東南アジアからの輸入商品の包装改善・梱包改善事例

製品属性(仕様)

用途別  個装/集合/海外出荷  業界別  小売/サービス/通販 
包装資材別  段ボール  素材機能別  物流の効率化 
目的別  商品を保護する 

製品画像

製品画像
製品画像<?php echo $i; ?>
製品画像<?php echo $i; ?>

 こちらの事例は輸送包装便覧.comが設計・提案を行った海外輸送の梱包材に関するご提案を行ったもので、梱包対象となる製品の傷・汚れレスでの輸出梱包に成功した品質向上提案事例となります。

今回、梱包対象となっている製品は、ダーツ用のスタンドであり、BtoC向けの製品であることから海外で安く生産し、国内に持ち込むという典型的な製品となります。今回は、中国から輸入をしていました。

 このように輸送包装便覧.comでは、お客様の製品の梱包に関する課題の解決に役立つご提案をさせていただいており、既存の梱包方法からの改善提案を得意としています。お困りの梱包資材がありましたら、輸送包装便覧.comにご相談ください。

《輸送包装便覧.comへのお客様のご要望》

ダ―ツのスタンドが国内輸送中に傷がついてしまい、国内に来た時に商品としての価値が落ちてしまっているので、どうにか慕い。

《輸送包装エンジニアのご提案①》

今までの包装形態では、箱の中には緩衝材や固定材のような内装が施されておりませんでした。そこで、箱の中の商品はテープのみで固定されていた程度でしたので、輸送中の衝撃や振動により外装内で動くことで製品に傷がつくことがありました。

これを解消するために商品が動かないよう内装材を新たに作成しました。

《輸送包装エンジニアのご提案②》

段積みをすることで輸送時に重量に耐え切れず、つぶれてしまっていた。そこで、段積みを想定した材質への変更を行うことで輸送時においても重量に耐えうるだけの強度を維持することができた。

 更に段積みに耐えられ、かつ国内での配送は宅配便ですので、それに適合するよう段ボール箱サイズ・形状の考慮しました。また中国で梱包をするので、現地で調達しやすい材質選定をしております。

《梱包改善・包装改善によるメリット①》

段ボールの強度を高めたことから製品が輸送中に傷つくこともなく、品質を維持したまま国内輸送が可能!

《梱包改善・包装改善によるメリット②》

国内への輸送であることから宅配便で送ることで輸送コストを抑えるように提案し、コストダウン

《梱包改善・包装改善によるメリット③》

重量に耐えうるだけの構造を設計しているが、材質は中国でも調達が可能となるように材質選定も行い、調達コスト削減

 

このように海外包装・梱包というものは、国内に向けて輸送する場合、多くの問題を抱えています。その為、多くの企業が取り組んでいる海外輸送包装というのは梱包改善を行うべき点が非常に多く、当社のような輸送包装専門のエンジニア・コンサルタントからすると、既存の方法から品質UP・コストDOWNを行うことは容易であるとも言えます。

そこで、お客様には海外への輸出品はもちろん、国内への輸入品においても梱包方法の見直しをご提案致します。

まずはお困りごとやお困りの製品がございましたら、当社にご相談ください。確実のお客様のお役に立てるご提案を致します。

 

お問い合わせはこちら

お問い合わせ
CONTACT US
▶こちらからどうぞ

開発センターサイドバナー

輸送包装に関してお気軽にご相談ください。

▲ページトップへ